英語この一題

英語この一題

気になった英語問題15 that is (2018 渋谷教育学園幕張、桐朋)

長文の参照ネタがかぶるという「入試あるある」。2018年の渋幕と桐朋では、procrastinationというテーマで、一部表現を変えつつも、明らかに同じ参照元の文が出題されています。小問のアプローチ、表現、語注のちがいを見比べてみると、な...
英語この一題

気になった英語問題14 howと埋め込み文 (2019 須磨学園、都立国立)

先日購入した参考書(『お茶の水ゼミナール英語monogrammar vol.3 準動詞』)のP.11に、言語は「単文」「埋め込み文」「付け足し文」の3つの文の種類に分類される、と書かれています。この抽象化は、文法学習においてたいへん有益なも...
英語この一題

気になった英語問題13 timeの後ろのdoing (2020 都立国立)

国立高校の入試英語は、出題される長文に回路やらフィボナッチ数列やら「英語で学ぶ」理系ネタが出題されるため(今年もそう)、そうしたイメージが強いかもしれません。神奈川県でもトップ校を狙う人にとっては、特色検査対策としてどこかでやっておいても損...
英語この一題

気になった英語問題12 3つの事柄の列挙(2020 都立日比谷)

映像ライブ授業に徐々に慣れてきたこともあり、久々の更新です。 ◆ 日比谷高校の大問3の長文に次のような表現が使われています。 One corner is at New Zealand, another is at Easter...
英語この一題

気になった英語問題11 becauseの前のコンマ (2020 神奈川・追検査)

ちょうど昨日、神奈川県公立入試の追検査が実施されましたので、さっそく問題をチェックしてみました。問題は、こちらのページよりご覧ください。 以下、ざっと概観しますと、 問1:  リスニングはスクリプトを見る限り、言い換え表現や...
スタッフのつぶやき

気になった英語問題・番外編 学年末テストを見ながら

学年末テストの問題を塾に持ってきて、懸命に解きなおしをしている生徒がちらほら。じつに殊勝な心掛けだなぁ、と感心しつつ、少し彼らが解いた問題を見てみると100点をとれないようにするためか、「明らかに授業内で教えていないだろう」というものがちら...
英語この一題

気になった英語問題10 with (2020 神奈川、千葉・前期)

入試問題をチェックする時期が始まりました。比較的受験日が早い、ここ神奈川県と千葉県の前期入試で with について問われていたので、取り上げてみます。まずは神奈川県の問4の(エ)。 I received an ( e-mail with ...
英語この一題

気になった英語問題9 part of (2019 神奈川・追検査、2018 豊島岡女子学園など)

今回も地味ではありますが、盲点となるところを扱います。とりあえず文を見比べてみましょう。まずは2018年の豊島岡女子学園の長文より。 The second OED went online in 2000, and every three ...
英語この一題

気になった英語問題8 every time (2016 慶應義塾)

慶應義塾高校の入試といえば、問題形式にあまり変わりがないことが特徴的ですが、今回はその定番の問題群から、文法の正誤判定問題をとりあげます。以下の下線部A~Dの中から文法的・語法的に間違っているものを1つ選び、選んだ箇所を正しく直すというもの...
英語この一題

気になった英語問題7 different than (2019 西大和学園)

当塾は公立高校受験者が多いこともあって、なかなか授業では私立高校の入試を扱う機会がないのですが、今回は関西を代表する西大和学園の入試問題の問3の長文(仙台・東京・東海・高松会場)を取り上げます。沖縄県で右側通行から左側通行に変更された「73...